本文へスキップ

古着(レディース・メンズ)の買取。

古着類

衣料品のポイント

買取・リサイクルしたいアイテム/衣料品のポイント

着物のように長く愛されるような服でなければ、だいたい購入から3〜5年も したら査定価格は限りなく0円に近い金額を提示されるでしょう。 宝石や貴金属に比べて製品の寿命が短いため、どんなに有名ブランドでも長期間 愛用されたお洋服には商品価値がほとんど残っていないのです。 いくらみんなが憧れるブランドのシャツでも、ヨレヨレで糸が解れている様な 有様では誰も欲しがらないのです。 逆にノーブランドでもデザインが素敵で状態の良いシャツなら買取も優遇されて、 贅沢な晩御飯を食べることができるはずです。 この点がジュエリーや貴金属との違いで、劣化しやすい分現在の状態が評価の ポイントになることを抑えておきましょう。 古い衣料品は定価は高かったとしてもリサイクルでは不利になるのです。 どれくらいまで評価されるか知りたいのなら実際に数点持ち込んでみて感触を 確かめるのもいいですが、その場合は査定してもらう品を厳選して持参しましょう。


レディース

オシャレさんが多いのは男性か女性か、地域差もあるでしょうが基本は若い女性が 一番オシャレに気を使っていると全国的に認識されています。 「気だけでなくお金も使っているよ」とも思われていそうですが、意外と古着を リサイクルしている人だとそんなにお洋服代はかかっていない場合もあり、安く 賢くお洒落を楽しんでいらっしゃるようです。 どのようなアイテムが女性に人気か、状態もさることながらデザインが重視されて いるのではないかと思われています。 男性なら真っ白で無地のシャツでも安ければ買いそうですが、レディーはそんな 地味な商品には目もくれず多少お値段が立派でも気に入ったデザインの古着を探す ことに没頭する姿を、何度も目撃してきました。 またオシャレに欠かせない帽子やストールもリサイクルショップで販売されている 数が多いことから分かるとおり、これらの品も中古でも需要は高いようです。 下着以外は買取してもらえる可能性がある、と考えておけばいいでしょう。


メンズ

男性向けの古着は女性のそれよりも性能を重視した商品のほうが流通しやすいと 考えられていますが、それはオシャレ人口に関係があるのでしょう。 男性が選ぶ古着はジーパンで、あまり派手なシャツやスカート、ワンピースは それほど売れる様子もないようです。 帽子なんかも他人の使った物はあまり売れないようで、これは取り扱いが悪かった とか男性の使用済みは使いたくないという理由もあるのでしょうか。 ですが靴(シューズ)を取り扱うリサイクルショップは多く、限定モデルのバッシュ は買取をしているお店もどこの市内に数店はありますし、オークションサイトを 巡回すれば出品数の多さに腰を抜かしそうになります。 このあたりが男性も利用する古着関係のアイテムになり、それ以外だと査定に出して もあまりいい顔をされないことがほとんどのようです。 ただし子供向け(キッズ)ならその限りではなく、どこのお店に持ち込んでも 笑顔で受け付けてくれるでしょう。